卵巣のう腫・卵巣腫瘍について

卵巣は子宮の左右両側にある親指ほどの大きさの臓器で、卵子が発育するほか、女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)も分泌します。卵巣は腫瘍が発生しやすいのも特長で、卵巣のう腫と充実性腫瘍(卵巣に硬いしこりを生じ、悪性の場合は卵巣がんと診断される)に大別されます。

子宮筋腫とは

症状が見られないこともあります

卵巣のう腫は、卵巣の内部に分泌物が溜まってしまう袋状の軟らかい腫瘍です。腫瘍の9割程度は良性です。そのため、多くの方は治療の必要がなく、症状がみられることも少ないのが現状です。ただ腫瘍(のう腫)が大きくなると、骨盤内のほかの臓器を圧迫し、腹部に張り、下腹部痛、頻尿、便秘などの症状がみられるようになります。このような症状がある場合、手術による摘出が必要となります。

なお一口に卵巣のう腫といっても、大きく4つの種類に分類されます。

・漿液(しょうえき)性のう腫
卵巣から分泌される液体が溜まってできるのう腫で、10代〜30代の方に多くみられます。

粘液性のう腫
のう腫内にネバネバした液体が詰まってできるのう腫で、閉経後の女性に多いとされています。

・皮様性のう腫
髪の毛、歯、骨などの組織が含まれる生まれつきあるのう腫で、10代・20代の若い女性にも多くみられます。

・チョコレートのう腫
卵巣内に発生した子宮内膜症が出血した際に、その血液が卵巣内に溜まることで腫瘍となったのう腫です。

卵巣のう腫の診断

患者さまの訴えや症状などから卵巣腫瘍が疑われる場合は、まず経腟超音波検査、内診を行い、卵巣のう腫か充実性腫瘍かを確認していきます。さらに腫瘍に対して良性・悪性の診断が必要であれば、CTやMRIの画像検査、血液検査(腫瘍マーカー)も実施し、詳細を確認していきます。